中原 岳彦 のすべての投稿

ニュースレター 「115」 2019年1月号

2019年スタートしました。

平成最後の今年は、元号が4月発表され、5月には皇位の継承が行われる区切りとなる

一年になりそうです。

個人的には、今年は東京マラソン2019に出場します。

例年より練習量も少し多めにしていて、この寒い中ですが、必死で練習しています。

最近は、靴を試したり、効率的な練習が出来るように、色々なマラソンの本も読むように

しています。

駒ヶ根はまだまとまった降雪はないですが、昨日1/10は、日中でも氷点下のままで、

とても寒い一日でした。

インフルエンザもとても流行っているそうです。

免疫力を蓄え、食事、睡眠をしっかりして、予防をしていきたいと思います。

☆  ☆  ☆

今月のニュースレターは、住宅の吹付け断熱材の様子、全面改修を行なう築40年の

住宅の造作の様子、土蔵のなまこ壁の仕上げ塗り補修のリフォームフェアのご報告

をしています。

中原のひとり言は、ランニングシューズの話です。

ちょっと見てみ!

あけましておめでとうございます

謹んで新春の御喜びを申し上げます。

本年もよろしくお願い致します。

 

本日1月7日、五十鈴神社において、工事の安全と社員の健康を願う

新春祈願をしていただき、2019年スタートしました。

その後の新年会では、社長訓示のもと、永年勤続及び優良工事の表彰が

行なわれ、表彰者の皆さんの話を聞き、意気込み新たにこの一年を

頑張ろうという意欲がわきました。

弊社社長窪田の新年の言葉にもありました、『「感動」を与える仕事』を、

心に刻み、今年も頑張りたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。

(一番最初の写真は、駒ヶ根市の元日の初日の出の様子です)

 

 

 

 

平成30年ありがとうございました。

日頃より格別の御引立てを賜りまして誠にありがとうございます。

本日12月28日で、平成30年の業務終了し、

12月29日より平成31年1月6日まで年末年始休業とさせていただきます。

この年末年始は、雪は心配なさそうですが強い寒波が予報されています。

お体ご自愛ください。

今年一年間、大変お世話になりました。

ありがとうございました。

年号が変わる2019年も、変わらず宜しくお願い致します。

よい新年をお迎えください。

 

 

 

「伊那谷だから、できる家。」、木の家。

駒ヶ根市の窪田建設です。

窪田建設でつくる「山の住まい社」は、地元の木、地元の林業士さん、

地元の製材所、地元の職人さん、でつくる

「伊那谷だから、できる家。」です。

弊社創業100周年プレミアム企画の一環として、

特典いっぱいのモニターハウスの建て主さまを募集します。

木は、人間と同じで、年を重ねるごとに、「あじ」が出てきます。

肌触りであったり、色であったり。

ぬくもりを感じるの木の家、「山の住まい社」。

12/16(日)の新聞折り込みチラシ(上伊那郡内一部地域)でもご覧いただくことが出来ます。

ご用命は、弊社中原(連絡先:090-5779-5613)までご連絡ください。

 

ずーっと住む自分の家を、地元の木とともに、一緒に年を重ねてみませんか。

ニュースレター 「114」 2018年12月号

平成最後の12月、毎年思いますがあっという間の年末。

12月になったばかりは、少し暖かかったせいか、まだ年末の気分を

感じませんでしたが、本格的な寒さを迎え、暖房器具を一斉に使いはじめ

いよいよ年の瀬を感じる時期となりました。

今年も窪田建設のカレンダーは、北澤美術館のコレクションカレンダーと

便利な三か月カレンダーを用意しました。

  

一年間の感謝を込めまして、お世話になりました皆様方にお配りさせて

いただきます。

☆  ☆  ☆

今月のニュースレターは、上棟を迎えた新築住宅、全面改修を行なう築40年の

住宅、畳を絨毯に敷き替えた和室リフォームのご紹介と、先日行われました

リフォームフェアのご報告をしています。

中原のひとり言は、甲子園での息子との「親子キャッチボール」の話です。

ちょっと見てみ!

お年寄りに優しいリフォームのご紹介です。

駒ヶ根市のM様のお宅のリフォームをしました。

1、和室の床のタタミを絨毯に。

2、和室の京壁をクロスに。

3、階段に手すりを新設。

工事期間は5日間。

1日目、

畳をめくって、

断熱材敷き込み、絨毯の下地となる板を張って終了。

畳の厚さは5.5cm~6cmなので、その間に根太、断熱材、板、仕上材が

フラットに納まるような高さになるように計算して工事します。

 

ここで、「M様より階段に手すりをつけて欲しい」とのご要望をいただきました。

専門用語になりますが、上部は「真壁」、下部は「大壁」。

壁の段差もあるし、ちょっと難しい形態です。

大工さんと相談。

明日、工事をしていただくようにしました。

2日目、

和室内の建具を取り替えるために、枠の造作をしてから、

階段の手すりを取り付け。

下地に木があるところ(柱と間柱)をねらって、固定する金具を取り付けます。

上部は段差があるので、木の枠を横に流して、水平に手すりを付けました。

手摺の高さも、取付ける前に、ご夫婦に実際に階段でシュミレーションしていただき、

750mmの高さに取付けました。

これで、階段の上り下りも、楽になったと思います。

これで、大工さんの作業は終了。

明日より、和室内の内装工事に入ります。

3日目、

まずは現状の京壁を落します。

へらを使って、表面の砂状の壁をそぎ落とします。

ちょっとぬらしながら削るので、乾くのを待って、クロスの下地を作る

パテ塗に入ります。

パテを一回を全面に塗って、作業終了。

4日目、

二回目のパテを塗って、下地作りは完了。

全面パテで、表面を平滑にします。

乾いたところから、仕上げとなるクロスを貼っていきます。

上部を貼って、この日の作業は終了。

5日目、

残った部分のクロスを貼って、壁を仕上げます。

クロスの機械を片付けて、床の絨毯を張る作業を行います。

クッション材を敷いてから、絨毯を敷き込んで作業完了です。

色もベージュ系で、前よりも大分明るくなった気がします。

最初はフローリングも考えましたが、少し冬は寒いかもしれないので

絨毯に変更しました。

フカフカで、とても温かいです。

M様、お世話になりました。

ありがとうございました。

 

最後に、改修前と改修後の写真を並べてみました。

 → 

 

 

 

 

 

 

12/1,2 リフォームフェア行います。

「マル特 リフォームフェア」を、12月1日(土)、2日(日)の二日間、

駒ヶ根市内にて開催いたします。

LIXILのキッチン、ユニットバス、トイレなどを特別価格でご提供します。

住宅に関する水栓の取替から全面リフォーム、増築、新築の相談や、

耐震リフォーム、外壁屋根塗装リフォーム、ユニットバスキャンペーン、

リフォーム工事の施工事例を分かりやすく説明した「施行例パネル」の

展示など、リフォームをお考えの方に、耳寄りな情報をご提供致します。

冬本番を迎え、住宅の断熱化、給湯器の取替、凍結防止帯等の点検整備など、

是非とも、この機会をお見逃しなく!!

建築士の資格を持った私共が、皆様の「?」を解決するお手伝いをさせて

いただきます。

☆  ☆  ☆

当日会場で、弊社の「ホームページを見た!!」

と言っていただいた方には、ご来場特典の「サイコロゲーム」を

「 2回 」降っていただく特別サービスをさせていただきます。

出た目の数のペットボトルの本数を差し上げる恒例のサイコロゲームの

チャンスが二回に!!

これでお楽しみも二倍に・・・・・

今回も見積り特典は、恒例の「盛屋」さんの、食パンです。

おいしいです。

2015_0612_10394200

食パンとロールパンからお好きな方をお選びいただいています。

いつも大変ご好評です。

皆様のご来場お待ちしています!!

国道153号伊南バイパス、祝!全線開通。

国道153号線伊南バイパスが、平成30(2018)年11月17日(土)、全線開通致しました。

一日遅れでしたが、11月18日(日)走って新しくできた道路と橋を渡ってきました。

遠くからしか見ていなかった道路、規制されていてその先をのぞき見ることも

出来なかった道路、障壁も取り除かれ、きれいなアスファルトの一本道が

緩やかなカーブを描いて伸びていました。

辻沢の交差点から、一歩一歩足をのばし、気持ち良い坂を下って行きます。

川の上空に掛かる橋は壮大で、ふたつのアルプスがしっかりと見ることが

出来ました。

下には、田切の野球場が見えて、子供たちの野球を見るには絶好のポイント

かもしれません。

会社すぐ東の「琴平町」交差点から「北の原」交差点の最初の区間が開通したのが

昭和63(1988)年。

それから30年。

小学校の時に通った通学路、田んぼの水を見に行った自転車道、高校の時に通った

通学路、思い出の道はなくなり、記憶の一遍でわずかに残っているだけです。

多くの関係者の尽力で出来たこの道路。

下伊那方面への交通手段は格段に良くなったと思います。

関係する全ての皆様に感謝し、安全運転に心がけたいと思います。

家から道の駅「田切の里」までは、往復でちょうど10km。

新しいランニングコースも出来て、うれしいです。

 

 

 

二つの屋根勾配のあるお家上棟しました。

伊那市で建設中のM様のお宅が上棟しました。

素晴らしい秋晴れの中、どんどんと形が出来上がっていきます。

空の飛行機雲もくっきり!!

M様のお宅の屋根は特徴があります。

西と北側は八寸の急こう配屋根。

南側は緩い勾配で、仕上げも異なります。

大工さんにとっては難しい作業となりますが、屋根が出来上がっていく様は、

とても美しく、この垂木が組み込まれた姿は、自分はとても好きです。

無事建て方も終了し、週末には上棟式を行ないました。

建物の無事完成と安全を祈願いたしました。

M様からも心温まるお言葉をいただき、とても幸せな一日でした。

M様おめでとうございます。

ありがとうございました。

 

ニュースレター 「113」 2018年11月号

11月になりました。

二つのアルプスにも雪が降り、冬到来も近いかと思いましたが、

少し寒さも和らいで、過ごし易い日々をお過ごしのことと思います。

紅葉は一気に進んでしまった感があって、茶色い葉っぱが多いのが

残念です。

10月の野球で肉離れを発症してしまい、月末の諏訪湖マラソンを

欠場することになりました。

駒ヶ根のハーフマラソン、長野マラソンと、毎年欠かさず出場していた

大会で、昨年はすさまじい大雨にも関わらず頑張って出場を続けてきた

大会であったため、とても残念でしたが、自分のミスなのでしょうがないです。

これで今年のランニングシーズンも終わりです。

冬のトレーニングをしっかりと継続していきたいと思います。

☆  ☆  ☆

今月のニュースレターは、完成した住宅と着工したばかりの住宅、大規模

リフォームのお宅のご紹介をしています。

中原のひとり言は、自分の野球と息子の野球の話です。

ちょっと見てみ!

 

1 / 3312345...102030...最後 »