中原 岳彦 のすべての投稿

コンクリートのシュート打ち

コンクリートのシュート打ち。

なんのことでしょう?

シュートとは、コンクリートを送る半円形の筒状の物の通称です。

よく土木の現場などで使われる資材です。

今回、ユニットバスの床下のコンクリートを打設する際に、この「シュート」を

使用しました。

通常は、コンクリートミキサー車から、「ネコ」と言われる一輪車で、少しずつ

コンクリートを運び入れます。

0.4~0.5m3くらいのコンクリートを運ぶのですが、一輪車で10~20回ほど

行ったり来たりをします。

今回の現場は、敷地に制限があったことと、ちょうど良い高低差と、ミキサー車の

乗り入れ場所と施工箇所が近かったため、シュート打ちを計画しました。

長さは約4m、高低差約2m、角度はおおむね30度ほどでしょうか。

設置をしてしっかりと固定、ミキサー車から少しずつ流し込みます。

あっという間に、打設完了。

シュートの準備、設置、片付けに手間はかかりますが、一輪車で

数往復する労力を考えると、とても効率的です。

協力いただいた職人さん、ありがとうございました。

 

 

ニュースレター 「107」 2018年5月号

今年は桜の開花も早く、そうこうしているうちにあっという間に散ってしまった

という印象でした。

ただ、学校の入学式には桜が咲いていて、思い出に残る入学式になったのでは

ないでしょうか。

「そういえば、息子の幼稚園の入園式も桜が満開だったなー」と、黄色い帽子が

桜の下を歩いていると、ふと思い出します。

まだまだ、黄色い帽子をかぶった小学校1年生は行動が予測できません。

くれぐれも運転には気を付けて、交通安全に心がけたいと思います。

☆  ☆  ☆

今月のニュースレターは、新築住宅、大規模リフォーム、浴室改修工事のご紹介と、

「浴室改修工事の施工事例」をご紹介させていただきました。

中原のひとり言は、今回で五年連続出場となった第20回記念長野マラソンの話です。

ちょっと見てみ!

窓そのままの浴室リフォーム

飯島町のH様邸浴室改修工事行いました。

 → 

H様のお宅は、既存の窓(アルミサッシ)が二重サッシだったために

窓はそのままで、ユニットバスに取り替える工事を行ないました。

窓を取り替える場合は、窓と合わせて外壁も解体するために、既存のお風呂の

解体が容易となりますが、新しい窓の費用と外壁の復旧費用がかかります。

上の写真は、ほぼ解体が終わった状態ですが、既存の壁のタイルをめくった

残骸や、下地のモルタル、石などの礫等を出すのに、かなり労力を使います。

H様のお宅は、お風呂場の横がすぐ勝手口だったことと、たまたまお風呂への

入口が二か所あり、脱衣場を経由することなく、すぐ外へ出られたので、少し

助かりました。

ユニットバスの床下はコンクリートを打つので、コンクリートミキサー車から

コンクリートを人力で一輪車で運びます。

今回は、総勢四人でコンクリートを打ちました。

内部をきれいに解体し、床のコンクリートを打って、断熱材を新しくして

いよいよユニットバスの組立となります。

窓面の壁を組み立てて、ここから枠の加工になります。

両袖は少し狭くなりますので、真ん中の桟を持っての開閉となります。

完成。

浴室への出入り口は既存の折戸から引戸にかわりました。

段差もなくなりました。

そして、必ず提案をさせていただいているオプションの「サポートパック」

浴室の周囲をぐるっと手すりが回ります。

しっかりと握ることの出来る手摺は、お風呂に入るお年寄りにもとても

優しいアイテムです。

お風呂のリフォームは、暑くもなく寒くもない、春や秋がおすすめです。

暑いとシャワーを浴びたいですし、真冬はお風呂で体を温めたいです。

今回の工事は、ボイラーも取り替えましたが、工期は11日でした。

最終日、電線にツバメの姿が・・・

H様お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

増築でつながる二世帯の家 完成しました。

駒ヶ根市のM様邸、完成しお引渡しをさせていただきました。

手前の母屋と土蔵の奥に見える二階建てが、新しくできた住宅です。

母屋とは、渡り廊下で接続しています。

別々の世帯が二つあって、廊下でつながっているスタイルです。

内部は、床をヒノキの無垢フローリング、天井と壁は珪藻土塗の天然素材で

仕上ています。

珪藻土塗の一部はM様が、実際にコテを使って塗りました。

そこには、記念の家族の手形も発見できます。

ニッチには、マジックでプリントなどを貼っておくことができるように

奥様の要望アイディアを取り入れてみたり、

M様の素敵なお家が完成しました。

M様おめでとうございます。

ありがとうございました。

今後とも、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

ニュースレター 「106」 2018年4月号

春真っ盛り、桜が咲き、ぽかぽかでとても良い季節・・・

なのに、花粉症の自分はマスクと目薬、鼻炎薬が必需品なのが悲しいです。

今年は桜の咲き始めも早く、ちょうど学校の入学シーズンと重なって、

記念の写真も桜と一緒で、とても良い思い出に残る写真が撮れることでしょう。

これからは、ピカピカの黄色い帽子をかぶった小学一年生が登場します。

車の運転には最新の注意をはかって、自分も交通ルールを守って、

安全運転で行きたいと思います。

☆  ☆  ☆

今月のニュースレターは、新築住宅、大規模リフォーム、増床工事のご紹介と、

「断熱改修で夜間頻尿が改善」の記事をご紹介させていただきました。

中原のひとり言は、息子の野球遠征に帯同した時のお話です。

ちょっと見てみ!

店舗併用住宅の水廻り工事

店舗併用住宅の水廻りを新しくしました。

既存にはお風呂がなく、新しくユニットバスを設置し、下水道も通しました。

まずは既存水廻り部分のキッチンとトイレを解体します。

土間コンクリートが打たれているために、床は解体せず、土間上に配管を

通して、上げ床にしました。

バリアフリーではありませんが、和室へ入るのに300mmほどあったので、

逆に入りやすくなりましたし、解体のコストも軽減できました。

店舗側に3帖ほど広げた空間を利用して、ユニットバス、洗濯機、

脱衣、洗面のスペースを確保して、キッチンとトイレを配置しました。

既存の壁のクロスに合わせて、内装を仕上げて完成。

ユニットバスは1216サイズです。

既存の窓は解体せずにコストを抑え、断熱性能を高めるために

内窓(インプラス)設置で対応しました。

吊戸棚や照明器具、手洗器、タオル掛けなど、使えるものは極力

再利用を行なっています。

新しい水廻りでなおかつ断熱性能もアップする水廻りリフォームが完成しました。

H様お世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

ニュースレター 「105」 2018年3月号

3月になり、春近しを感じる季節となりました。

ただ、まだ少し寒かったり・・・

暖かいと思ったら、冷たい雨と厳しい風。

 

2月、「チーム窪田建設」で、天龍梅花駅伝走ってきました。

残念ながら今年もタスキはつながらず・・・

でも、社員の絆は深まりました。

例年は梅の開花もちらほら見られるのですが、今年は全く。

寒い駅伝大会でした。

☆  ☆  ☆

今月のニュースレターは、新築住宅、大規模リフォーム、下水道工事のご紹介と、

国の住宅事業の新しい法整備に向けての動向記事をご紹介させていただきました。

中原のひとり言は、日本大活躍だったピョンチャンオリンピックにあやかって、

冬季オリンピックの思い出をたどってみました。

ちょっと見てみ!

リフォーム工事施工例パネルの出来るまで

弊社のリフォームイベント「リフォーム祭」の会場内部には、

色々なリフォーム工事の工事施工例のパネルが展示してあります。

今回は、ユニットバスキャンペーンを行ないますので、お風呂の

リフォームの施工例パネルの新しいものをつくりました。

ユニットバスからユニットバスへの入れ替えリフォームと、

お風呂のリフォームの一連の流れの分かるものをつくりました。

合わせて、寝室横にトイレを作るリフォームも数回行いましたので、

その事例の施工例パネルもつくりました。

以下つくり方です。

まずは、プラスチックの900×1800mmのパネルを用意します。

そこに、工事中に撮影した写真を印刷した紙を配置します。

ここでは、工事の一連の流れと完成すると内部に隠れてしまって

分からなくなるような場所を重点的にピックアップします。

紙の裏に両面テープを張って、パネルに貼っていきます。

結構、大変です。

貼る作業完了。

爪の間が痛いです。

そうしたら、リフォーム工事の思いのたけを、中原が書き込みます。

これは、勢いで書くので、あっという間に出来上がります。

完成!

手書きですが・・・

少しでも、分かりやすいように、

工事前(Before)、工事後(After)、工事途中が分かるようにしています。

会場では、トイレやキッチン、お風呂のリフォームなど単体リフォームから

全面リフォームの施工事例を多数展示しています。

是非会場にお越しいただければありがたいです。

ご来場お待ちしています。

初春の南信州を駆けぬける天龍梅花駅伝

今年で49回目を迎える天竜村で開催されました「天龍梅花駅伝」に

チーム窪田建設として、三年連続三回目の出場をしました。

仕事の都合で、エースは不参加。

その代り、

昨年春に入社した、土木部期待の新人が初参加。

 

歴史あるこの駅伝には、毎年招待チームとして、昨年の都大路を

制した高校日本一の佐久長聖高校も出場します。

こちらも歴史を感じる、天龍中学校にてレース準備。

私中原は、今年初めて一区を走ります。

途中での繰り上げスタートがなければ、このピンク色の襷がゴールまで

つながるはずです・・・

一年目は、このピンクのタスキでゴール(つながりました)

二年目は、第五中継所で涙・・・(黄色のタスキでゴールしました)

今年もこの襷が繋がるようにみんなで頑張る決意でスタートへ。

と、その前に、美味しい豚汁(無料サービス)をいただきます。

とっても美味しいです。

毎年楽しみ、ありがとうございます。

レース中の写真は、カメラを持てないのでありません。

すいません。

こちらの天竜村のホームページ見てください。

http://www.vill-tenryu.jp/index.htm

 

最終走者は、大宮部長。

襷の色は・・・

今年も、タスキをつなぐことはできませんでしたが、

チームの絆はつなぐことが出来たと思います。

無事にゴール。

怪我なく、無事にレースを終えることが出来て何よりです。

 

レース後は、恒例の「ひとっ風呂」

今年は「かぐらの湯」

広くて最高です。

駒ヶ根に帰ってから、みんなで慰労会。

美味しいお酒をいただきました。

 

今日何よりうれしかったのは、娘からもらった「メダル」

冬季オリンピックの影響でしょうか。

裏のコメントは、自分だけの宝物。

来年も、チーム窪田建設は参加予定。

来年こそは「襷をつなぐ!」と誓ったメンバーでした。

来年も楽しく走れるように、みんな頑張りましょう!

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

 

 

お風呂のリフォームキャンペーン

恒例の春のリフォーム祭を、2月24日(土)、25日(日)の二日間

駒ヶ根市内にて開催いたします。

LIXILのキッチン、ユニットバス、トイレなどを特別価格でご提供します。

今回の目玉は、ユニットバスキャンペーン!!

私も今から10年ほど前に自宅を建てましたが、その中でもトイレ、ユニットバスは

「使い込み感」満載で、古さを感じるようになってきています。

15~20年前に新築で建てられた住宅は、ユニットバスが普及し始めの時代で、

そろそろ新しくしたいな、と感じる頃ではないでしょうか。

今のユニットバスは、機能も断熱性もメンテナンス性も格段に向上しています。

お車も15~20年位すると買い替えるように、お風呂の入れ替えも考えてみては

いかがでしょうか。

これからあたたかくなり、夏本番を迎えるまでの間が、お風呂取替の時期としても

最適です。

是非とも、この機会をお見逃しなく!

建築士の資格を持った私共が、皆様の想いを解決するお手伝いをさせて

いただきます。

宮田村にて完成したお客様の家の見学会も、同時開催。

こちらは予約制になっていますので、中原の携帯までご連絡ください。

090-5779-5613(中原携帯番号)

☆  ☆  ☆

会場で、弊社の「ホームページを見た!!」

と言っていただいた方には、ご来場特典の「サイコロゲーム」を

「 2回 」降っていただく特別サービスを今回もさせていただきます。

出た目の数のペットボトルの本数を差し上げる恒例のサイコロゲームの

チャンスが二回に!!

これでお楽しみも二倍に・・・・・

今回も見積り特典は、恒例の「盛屋」さんの、食パンです。

おいしいです。

2015_0612_10394200

食パンとロールパンからお好きな方をお選びいただいています。

いつも大変ご好評です。

皆様のご来場お待ちしています!!

1 / 3012345...102030...最後 »